• その決断が未来を変える
    弁護士が企業と二人三脚で事業再生を支えます
少しでも早い決断が、会社の再生を可能にします。

会社の経営が困難な状況に陥った時に、経営者は、従業員の雇用を守り、
事業を継続するために最大限の努力をします。

経営者お一人の努力では立て直しが難しいと感じられた時に、
弁護士が様々な形で、会社の経営状態の立て直しをお手伝いします。

詳しく見る

解決事例
SOLUTION CASE
CASE01

飲食業等を営む法人の事業継続が不可能となったが、代表者の保証債務を経営者保証ガイドラインに沿った形で私的整理により解決した事例

私的整理の結果残すことができた資産等
  • 自宅
  • 預貯金(500万円程度)
CASE02

精密機器製造業及び金属加工業を営む従業員約200名の会社について、民事再生により解決した事例

民事再生の結果等
  • 各事業のスポンサー企業での事業継続
  • 従業員の雇用維持
  • 破産における清算配当率を超える配当率を確保

詳しく見る

お客様の声
CUSTOMER'S VOICE
  • 個人/男性/50代
  • 破産・債務整理(依頼)
思っていた以上に解決が早かった。
自分自身での解決が困難で、精神的にも不安でしたが、事務所内の落ち着ける空間であったり、スタッフの方の対応がとても良かったり、担当弁護士・担当事務の方が分かりやすい説明で自分が思っていた以上に解決も早かったりで、アステル法律事務所に依頼出来て本当に良かったです。
  • 法人/男性/40代
  • 企業法務(相談)
経営のことまで幅広く話を聞いていただけて感謝しています。
法律相談のみならず、経営のことまで幅広く話を聞いていただけて感謝しています。今後ともどうぞよろしくお願いします。

詳しく見る

弁護士紹介
LAWYER INTRODUCTION

これまで大変な苦労をして続けてこられた事業が苦難に陥った時、経営者は苦しい決断を迫られます。より早いタイミングで決断することで、再生の選択肢は広がりますし、再生できるチャンスが生まれます。弁護士がお手伝いすることで、事業の未来を拓く可能性が高まります。

事業継続のため、よりよい再出発のため、経営者の力になりたいと考えています。

代表弁護士 下山 和也

企業は、たくさんのステークホルダーに支えられて成り立っており、そのような企業が倒産してしまうと、当該企業の関係者はもちろん、サプライチェーンや地域の取引ネットワークなどの産業構造にも影響が生じます。窮境に陥った企業が倒産を避けるには、病とおなじく早期に適切な処置を講じることが重要です。

代表者が長年大切に維持成長させてきた企業の倒産を回避し、事業継続の可能性を少しでも高めるため、早期のご相談をお待ちしております。

弁護士 木上 望